HOME>オススメ情報>ただの災害用ではない機能からチェックしてみる

グレードによる価格差

土のう袋

用途としては、長期土木工事の土塁設置、河川工事、災害用備蓄として土のうが販売されています。通販ならば、大量注文にも対応可、バリエーションある機能性から選択可能です。見積もり依頼し、費用の比較を行います。素材・サイズなどによりピンキリとなる土のう袋ですが、1枚あたり100円前後が相場です。UV加工が施された黒袋、標準サイズとなる480mmx620mmで材質はポリエチレン、900デニールの厚みで約3年の耐候性などを持つ高機能性のものならば200円程度です。長期間の保管が可能である点、地域によって耐候性が重要となる長期工事には、紫外線劣化防止剤が加わる黒色の土のうが評価されています。麻袋などより軽さがあり、縫糸の材質、厚みなどのグレードにより価格は異なりますが、大量注文(顧客)であれば、割引が適用されることもあります。

色袋によるメリット

土のう袋

布袋の中に土砂を詰めて用いる土木資材は、専門業者に注文します。土のうといっても、形は長方形の特殊袋もあり、業界では丸太型と呼ばれており、主に降雨時の仮設排水路や資材などの重しに使用します。また、白や黒だけでなく、黄色と黒のストライプ柄の土のうが道路工事事業では活用されています。この色により、危険箇所をハッキリ表示することができ、看板が飛んでいかないように固定するなど、安全模様の土のう袋としての利用メリットがあります。また、山間部や緑地帯でも使用可能、景観を損なう汚れも目立ちにくい、こうした色袋も販売されています。

袋だけでなく詰めた状態で販売

土のう袋

建築用・防災用とする法人向けの土のうですが、様々な使い方がされています。例えば、石油を扱う企業から、油まみれになる重機を使うこともあるでしょうが、その油止めにも活用できます。また、新幹線の乗車耐久テストや風力発電など、精度の高さが求められる事業にも用いられているようです。原料の管理から製造販売まで一貫し、機械による袋詰めをすることで誤差が少ないなら、安全性にメリットがあります。通常、スコップによる手入れの誤差が800g~1㎏ともいわれますから、安全性が第一となる現場には誤差が少ない土のうが必要です。

広告募集中